50代の肌にあった基礎化粧品でいつまでも若々しくいよう

大人の女性の肌に優しさを

コスメを持つ女の人

弱ってくるバリア機能

最近の基礎化粧品は、なるべく肌に負担をかけなくてよいような成分を使うという傾向へと向かっています。女性も50代くらいになると、肌のバリア機能も若いときよりも弱まってくるのが一般的です。そこへもってきて基礎化粧品に刺激の多い成分が多用されていると、たちまち肌荒れなどが起こってしまうおそれがあります。そうしたことを配慮して、50代女性向けの基礎化粧品にはなるべく肌に優しい成分を使用しようということになってきているのです。こうした傾向は、今後50代女性向けの基礎化粧品にとどまらず、40代女性や30代女性向けの基礎化粧品にも広がっていくとみられています。また、近頃は60代以上の女性を対象とした基礎化粧品も開発されているので、そうした商品においてもこの考え方は継承されていくでしょう。

保存料も天然成分で

50代女性の肌にできるだけ負担とならないように、いろいろな成分が基礎化粧品から取り除かれ始めています。まず、アルコールは肌表面の水分を蒸発させる性質があるので、50代の女性にとっては基礎化粧品に配合されていない方が望ましいといえます。また、石油系の界面活性剤も、肌の皮脂やうるおいにダメージを与える心配があるとされているので、50代向けの基礎化粧品からは除外されることが多くなってきました。保存料のパラベンにおいても同様の傾向が見られます。こうした合成保存料に代わって、最近の50代女性向け基礎化粧品では防腐効果のある天然ハーブを組み合わせることによって保存効果を持たせた化粧品が多くなってきています。